イタリア留学、イタリア挙式ならIGCO

イタリアとの架け橋となるサービス(マランゴーニやドムスアカデミー、NABAへの留学、イタリア語学留学、オンラインレッスンなど)のご相談を受付ています。

イタリア留学/挙式IGCO

イタリア留学、イタリア挙式のコンシェルジュ IGCO

Italia Giappone Concie Office

イタリア留学

ドームスアカデミー

ドームスアカデミー

ドムスアカデミー最新ニュース

■2017年9月スタートコース対象 コンペティション発表

ビジネスデザイン

ファッションデザイン

ファッションマネージメント

ファッションスタイリング&ビジュアルマーチャンダイジング

インテリア&リビングデザイン

ラグジュアリーブランドマネージメント

プロダクトデザイン
それぞれ詳細は資料でご案内いたします。該当分野での基本的なスキルがみについていること、大学を卒業されていること、英語レベルがIELTS5.0もしくは同等レベルであること、が参加条件となります。
提出期日:2017年4月7日
結果発表:2017年5月4日
受賞:2017年10月スタートの各マスターコース授業料奨学金40%、50%、60%
詳細はIGCOへお問い合わせください。

■ロベルト・カヴァッリ氏がドムスアカデミーより名誉マスターディプロマを授与されました。

"Roberto Cavalli goes back school" と題してVOGUEニュースにも掲載
2013年6月ロベルト・カヴァッリ氏はドムスアカデミーのファッションマネージメントマスターコースを修了し、名誉マスターディプロマを授与されました。

ドムスアカデミーについて

Domus Academy ドムスアカデミー
住所 Via C. Darwin 20, 20143 Milan Italy
URL http://www.domusacademy.com/

ドムスアカデミーはミラノにあるデザインの専門学校です。NABAと同じく、Laureate International Universitiesグループで、こちらはマスターコースがメインの学校となります。

ドムス・アカデミーはある矛盾をはらんだ事態に対応するべく誕生した学校です。それまでにも何十年にもわたり、イタリアのデザイン産業は最も大きな国際的影響力を持ち、人々にとって最も関心高い、また人々から最も強く追い求められるデザインを世界に打ち出してきました。ところが、個人のデザイナーのスタジオで行われるインターンシップや指導を除くと、体系的な方法でデザインを教えているところはミラノに一切存在せず、デザインに特化した大学卒業後のコースを提供している教育機関はひとつもなかったのです。

マリア・グラツィア・マッツォッキは1983年、この状況を、デザイン教育の空白を埋める絶好の機会と捉えました。そこで、ピエール・レスタニ(20世紀の最重要芸術評論家の一人)、アレッサンドロ・メンディーニ、ヴァレリオ・カステッリ、そしてアレッサンドラ・グエッリエロと共に彼女が設立したのがドームス・アカデミーです。
当初から、ドームス・アカデミーは独自の教育機関として作り出されていました。設立メンバーが目指したのは、多様な文化や体験が出会い、教育と研究が密接に織り交ぜられるような学校です。反論、批評的意見に関する伝導力と開かれた環境を持ち、学生と企業が、現代生活の最も重要な側面における実際のプロジェクトに取り組むことのできるような教育センターが計画されました。
ドムス・アカデミーは第一に学士卒業後の学生を対象とした学校であり、幅広いデザインの専門領域において1年課程の修士学位を提供しています。また同校は常に国際的な学校でもあり続け、世界中の学生および教師陣に門戸を開放してきました。そして同校は、設立当初から非常に国際的な学生の入学状況が実現されています。イタリア国内出身の学生に加え、ドムス・アカデミーには北アメリカ、南アメリカ、東西ヨーロッパ、オーストラリア、日本、韓国、その他のアジア地域、そして中東の国々からたくさんの学生がやってきます。学生の豊かな国際性により学校は正に本物の豊かさを手にすることとなりました。ここで行われる発想のやり取りや、健全たる見識の対面は今でもドムス・アカデミー最大の特長となっています。
最初の数年の間に、ドムスにはデザインの新潮流の実施者(ソットサス、メンディーニ、トゥリーニ・カステッリ、サンタキアーラ、スターク、細江)や、伝統的なデザインの名匠たち(ベッリーニ、カスティリオーニ、ボネット、マジストレッティ、ムナーリ)が次々に招かれました。
彼らがもたらした多くの発想により、既に成熟したプロダクト・デザインの分野で活躍するデザイナーと、新しいデザイン教義に基づいて活躍するデザイナーのコラボレーションが大いに喚起されました。
上記のデザイン業界のリーダーに加え、ドムス・アカデミーでは500名以上の客員教授を招き、様々な国で講義を開催したり、セミナーの企画を行ったりしました。
こうしたアプローチも設立のあゆみに引けを取らぬほどに独自性に富んだものでした。
ドムス・アカデミーはたちまち、非常に進歩的かつ革新的な指導方式を確立しました。デザイナーや心理学者、社会学者や人類学者によって講義が行われるという方式です。この広範な人文主義的アプローチでは、結果よりも過程が重んじられ、どのプロジェクトについても、その焦点を人間に絞るということが優先的に行われました。
ドムス・アカデミーでは、責任あるデザインを行うためには素材、環境、機能、そしてサービスの予備研究から始めなければならない、ということを常に信条としてきました。
マクロのレベルにおけるドムス・アカデミーの不変の信条は、最良のデザインが商業の経済的利益にも、社会全体の文化的感性の需要を満たすことにも貢献するものであるということを、デザイン学校としてはよく理解しなければならないということです。
その意味において、同校が大事にしている基本的な設立理念があります。それは、デザインには、単に新しいソリューションを提供するのではなく、逆に新しい課題の姿を明らかにするという責任があるのだということです。つまり、デザインは単に問題解決のツールに終わるのではなく、逆に課題を提起するものでなければならないのです。この哲学は同校の試金石であり続けており、それこそが大学でデザインを学んだ人々がドムス・アカデミーに惹かれ続ける最も大きな理由のひとつとなっているのです。

アイデンティティーと認識

■ プロジェクトを基本とした学び -ドムス・アカデミー流ここにありー

ドムス・アカデミーは世界の名だたる学士課程卒業後の学生に向けたデザイン学校へと成長しました。
その実現の裏には、細心の注意を払いながら融合したアプローチがあります。これにより本校はアカデミーでもありながら研究室でもあるという性格を持ち得ているのです。そしれこれは、手を動かしながら学ぶという本校の基本的な信条に基づいています。

こうして理論と実践のバランスを取っているわけです。教室での学習とワークショップでの実践を組み合わせていきます。実地訓練を文化的研究によってより豊かなものにします。多くの学問領域にわたるプロジェクトチームを立ち上げ、個々のクリエイティブな才能を強化します。
このようにすることで、ドムス・アカデミーは設立当時の使命に忠実であり続けてきました。デザイナーの個人的成長、そして変化を続ける市場においてのプロフェッショナルとしての成功を支援するという使命です。

■ドムス・アカデミー式アプローチ

本校の1年マスター・コースは講義とグループセミナー、そしてワークショップから成り立っており、学生の皆様に多面的な刺激を受けていただけるものとなっています。学生の皆様に、デザインの課題を解決する能力のみならず、デザインによって効果的なソリューションが提供できる可能性のある問題を発見する能力も養っていただくべく、そのお手伝いをしています。また目標、目的に即したプロダクトやサービスをデザインする能力を磨いていただき、それをデザインを委嘱する企業のマネージメントプロセスと統合していきます。
講義には広範な知識が盛り込まれています。その中には、デザインのトレンドと文化の探訪、プロダクト類型学の研究、企業コミュニケーション・マーケティング・流通戦略の分析に加え、文化人類学や社会経済学、そして技術など、デザインに携わる職業に携わるにあたって関連領域となってくる分野への配慮も含まれてきます。
本校のアプローチの核心は、ドームス・アカデミーがイタリア国内外のリーディング・カンパニーと共に作り上げてきた高度なプロフェッショナル・プロジェクトです。こうした貴重なコラボレーションを通して、学生の皆様には大変重要な、実世界での活動機会を得ていただき、またそこで批評的思考や課題解決能力、並びに芸術、デザインのスキルを身に付けていただくことができます。

■秀逸な教授陣、現役のデザイナー

ドームス・アカデミー式アプローチの成功の中核にあるのが、本校の教授陣です。本校の教授たちは高度なスキルを有する教育者でもあり、非常に才能のあるデザイナーでもあります。中には自身のスタジオや会社を経営している教授も多くいますし、主導的位置づけにあるファッションブランドや建築事務所、そしてデザインショップ出身の教授も多くいます。こうした教授たちが講義、そしてグループ・プロジェクトに、現在の、そして実世界の観点に立ったものの見方を吹き込みます。
また本校では多数の客員教授も招いています。その一人一人がプロとしての広範な経験を持っており、革新的な発想を手際よく探訪、開発させてくれます。 以下は、ドームス・アカデミーとコラボレーション体制にある教授陣の一部です:

ネイル・バレット、エンニオ・カパサ(Costume National:コスチューム・ナショナル)、アレッサンドロ・デッラックア、エリオ・フィオルッチ、マウリツィオ・モディカ、ピエールフランチェスコ・ジリオッティ(Frankie Morello:フランキー・モレッロ)、ステファノ・ジョヴァンノーニ、パオロ・ピニンファリーナ、ジャコモ・サントゥッチ(Dolce & Gabbana:ドルチェ&ガッバーナ)、オリヴィエロ・トスカーニ、アンナ・ゼンニャ(Ermenegildo Zegna:エルメネジルド・ゼンニャ)、フラヴィオ・マンツォーニ、ロン・アラド、ロナン&エルワン・ブルレック、フランソワ・ビュークハルト、フェルナンド&ウンベルト・カンパーナ、ジュリオ・カッペッリーニ、マタリ・クラセット、ミケーレ・デ・ルッチ、ロス・ラヴグローヴ、エンツォ・マーリ、パトリシア・ウルクイオーラ、マルティーノ・スカッビア・グエッリーニ(VF Corporation:VFコーポレーション)、マッシモ・バンツィ(tinker.it)、パオロ・ロリーニ(Samsung:サムスン)、アルド・チビック(Cibic & Partners:チビック&パートナーズ)、フェッルッチョ・ラヴィアーニ、オレ・シーレン(O.M.A. Office for Metropolitan Architecture:O.M.A.オフィス・フォー・メトロポリタン・アーキテクチャー)

■受賞、表彰歴

ドームス・アカデミー式アプローチは各種第三者機関から最高峰の賞賛をいただいています。
1994年、ドームス・アカデミーはADI(Associazione Disegno Industriale:インダストリアルデザイン協会)からCompasso d'Oro(コンパッソ・ドーロ)賞を受賞しました。
2009年はドームス・アカデミーがBusiness Week(ビジネス・ウィーク)誌から世界の最優良デザイン学校60に3回目の選定をいただいた年でした。ドームス・アカデミー出身の学生はITS、Next Generation(ネクスト・ジェネレーション)、Fashion Week Milan(ミラノ・ファッションウィーク)、Vogue Talents(ヴォーグ・タレンツ)、Who's on Next(フーズ・オン・ネクスト)、そしてRed Dot Award(レッド・ドット・アワード)などの国際的なコンテストで入選しています。
またドームス・アカデミーのプロジェクトは、2004年、2010年の各年にヴェネツィア建築ビエンナーレで、またパリのポンピドゥー・センターでも展示されました。

■ヴァリデーション

ドームスアカデミーのマスターコースは、2013年よりイタリア教育基準に準じ、コースを正規に履修し終えた方にはドームスアカデミーのディプロマが授与されます。

卒業生

■ 国際色豊かな学生コミュニティー   -多様性に彩られた学びー

ドームス・アカデミーで学生の皆様の学びの源となるのは、教授陣やプロジェクトの数々だけではありません。クラスメートからの学びにも大切なものがあるのです。本校には世界54ヶ国からすばらしい、多様性に富んだ、才能ある、士気の高いデザインの学生が集まっています。

このすばらしい多様性はドームス・アカデミーの教育の重要な長所のひとつとなっています。
本校では、この多様性を生かし、学生の皆様に多くの学問領域にわたるグループ・プロジェクトにチーム体制で取り組んでいただいています。こうしたコラボレーションは非常にダイナミックかつ啓示的な力を持っており、文化、アイディア、ソリューションのやり取りを活性化してくれます。

ERKAN CORCH

2005年ファッションデザイン・マスター
1976年6月26日イスタンブール生まれ。Erkanは常にファッションを愛してきました。2003年イスタンブールの芸術学校にてファッションデザインの学位を取得した後、Erkanは2004年にはTurkey Young Designer of the Year(トルコ年間最優秀若手デザイナー)賞を、そして2005年にはIAF International Designer Award(IAF国際デザイナー賞)を獲得しました。彼はトルコでの成功を経て、ファッションデザインの修士学位を取得するべくミラノのドームス・アカデミーに進学。
イタリアに渡る前、彼は1年以上にわたって伝統的なドレスメーカーの事務所で働いており、そこで仕立ての様々な手法を実験し始めていました。卒業後まもなく、彼は迷わずファッション業界に身を投じます。そして国際的なビジョンと洗練されたデザインスキルを身に付けます。過去4年にわたり、Erkanはミラノの最先端のイタリアンブランドで働いてきました。
2009年になり、彼はErkan Coruhのブランドの下、他のアーティストともコラボレーションをしながら、独自のアイディアをつむぎ出していくようになりました。2010年3月、彼はミラノにおいて、自身初となる2010年秋冬メンズ・レディースウェアのスタートアップ・コレクション "The Men & Women of Allah" (アッラーの男女)を立ち上げました。彼の二作目のコレクション "Shirin"(シリン)はアルタ・ローマのローマ・ファッションウィークやヴォーグ・イタリアのWho's On Next Competition(フーズ・オン・ネクスト・コンペティション)で発表され、後者のコンクールではWomen's Ready-to-Wear(レディース、レディー・トゥー・ウェア)部門で優勝しました。

MANUELA ZAVATTARO

2002年インタラクション・デザイン・マスター
マヌエーラ・ザヴァッターロは、イタリア、ポルトガル両国のクライアント向けに、ビジュアル、グラフィック、およびウェブデザインを手がけることからプロとしての実践キャリアを積み始めました。
2001年にグラフィック・デザイン学科を卒業した後、彼女はドームス・アカデミーでインタラクション・デザインの修士学位を取得しました。現在ロンドンを拠点に活動する彼女は、2003年以来、インタラクティブ・メディアおよびサービスデザインに携わっています。マヌエーラは現在のキア・デザインの英国スタジオのユーザー体験デザインスペシャリストを務めており、研究開発部門の仲間と密に連携を取りながら、デザインパターン、メンタル・モデル、GUIツール・キット、ユーザー体験プラットフォーム全般など様々な要素を用いながらデザイン活動を展開しています。

業界ネットワーク

すばらしいキャリア形成のチャンス。  ―プロフェッショナルとのコンタクト―
プロフェッショナルなデザインの世界と密接な関係にあるドームスアカデミーは、最高レベルの権威を持つ企業やスタジオの多くとのつながり、そして関係ネットワークを持っています。
この恵まれた位置づけにより、当校は雇用機会をモニタリングし、当校の学生の皆様にそのチャンスをご活用いただくことができるのです。ドームスアカデミーは業界内に多数存在する企業の中でも特に主導的な地位にある企業と協業しています:

3M
ALESSANDRO DELL'ACQUA  
ALFA ROMEO
ARTEMIDE
AUDI
BAYER
CANON
CARTIER
COSTUME NATIONAL
ELECTROLUX
ERMENEGILDO ZEGNA
FENDI
FIAT
FRANKIE
MORELLO
FUJITSU
ING
LG
MOTOROLA
NEIL BARRET
NIKE
NOKIA
PHILIPS DESIGN
PININFARINA
RED
VALENTINO
ROBERTO CAVALLI
SAMSUNG
SWAROVSKI
TOD'S
UNICREDIT GROUP
VENETA CUCINE
VERSACE
VEUVE CLIQUOT
VOLKSWAGEN

キャリアサービス

ドームスアカデミーキャリアサービスでは、学生の皆様の、学業の世界からプロフェッショナルの世界への移行をお手伝いしています。このサービスでは、オリエンテーション・ミーティング、コンサルテーション、そしてトレーニング・セッションを通じて、学生の皆様が各自のプロフェッショナル・ゴールを決定し、自分自身の強みやアーティスティック・スキルを評価し、最良の雇用機会を見定めることができるようにするための支援を行っています。 キャリアサービスのカウンセラーは、将来の勤務先となるかも知れない企業でのインターンシップや終身雇用の機会を探す際や、応募する際のサポートを行います。また履歴書やジョブサーチレターの書き方、ポートフォリオのまとめ方、面接への効果的な臨み方に関する詳しいアドバイスや支援も行います。

ご相談、お申し込み手数料等無料です。お気軽にご相談ください!

  • お問い合わせ・ご相談はお気軽に
  • お問い合わせ・ご相談フォーム
  • フォトツアー

  • ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。下記のフォームまたは、お電話、メールにてどうぞ。
    03-3946-5227(平日10:00-19:00/不在時はメールでお願いします)
    igco@italia-giappone.net
  • お問い合わせ・ご相談はこちら
  • ページトップ